鶏だしでつくる根菜ごろごろアヒージョ

ご家庭でもアヒージョを。
味の決め手は、鶏だしです。

レストランではおなじみのアヒージョですが、家庭で登場するのはまだ珍しいかもしれません。でもつくってみると意外と簡単。

鶏だしがあれば、味が決まりやすく、さらにおいしく仕上がります。

ほくほくの里芋や、味がよく染みる大根、彩りの人参、滋養ある牛蒡と蓮根。根菜をごろり、だしオイルで煮込みましょう。

鶏だしやにんにくの風味をたっぷり吸った根菜の味わいは、ほっぺが落ちるよう。鶏だしのうまみがあれば、野菜だけでも十分コクが出ます。

鶏だしとオイルの使い方を覚えておけば、海老や茸などお好みの食材でも楽しめますよ。

材料(2人前)

  • 牛蒡 ½本
  • 大根 3㎝分
  • 蓮根 ¼個
  • 里芋 2個
  • 人参 1本
  • 白葱 1本
  • 鶏だし【A】 1袋(袋を破って)
  • オリーブ油【A】 100㎖
  • にんにく【A】 1かけ
  • 赤唐辛子【A】 少々

作り方

❶ 具材はすべて大きめに切る。
❷ ①の牛蒡、 大根、 蓮根、里芋、人参は下茹でする。
❸ 小鍋に[A]を入れ、よく混ぜて火にかける。
❹ ふつふつしてきたらすべての具材を加え、火が通るまで煮る。
ポイント

アヒージョは、生の具材を投入してオイルと一緒に火を通すのが一般的ですが、茹で時間がさまざまな根菜の仕上がりを統一するため、下茹でをしておきます。味の含みもよくなり、おいしさが増します。

使っている商品

鶏だし
  • 化学調味料・保存料 無添加

    鶏だし

    8g×18袋 / 1,944円(税込)

    国産の鶏の削り節を使用。少量の海塩を加えていますので、煮出すだけでやさしい味のチキンスープになります。香味野菜などは入っていないので味や香りにクセがなく、中華料理をはじめ幅広い料理にお使いいただけます。

    卵スープ、鶏飯、炒飯、から揚げ、炒め物など

    卵スープ、鶏飯、炒飯、から揚げ、炒め物など

    もっと詳しく